統合失調症 求人・転職支援サイト 厳選3社【10年以上の実績のある支援サイトはココ!】

統合失調症 求人・転職支援サイト厳選3社

統合失調症の方のための求人・転職支援サイトを3社に厳選してご紹介します!
求人・転職を探すと、すぐに希望の条件の職場が見つからないということもあるのではないでしょうか。

 

そこで、このサイトは、こんな方におすすめです。

統合失調症の求人・転職

 

統合失調症になってから転職を繰り返している。
自分に適した職場を紹介して欲しい。
統合失調症に理解のある職場で仕事をしたい。
対面接客が多く、疲れが溜まる。職場を変えたい。
過去に転職実績のある職場を知りたい。
上司、同僚から、厳しく問われ、早く離れ転職したい。
チームワークでの仕事が少ない職場を希望している。
対人コミュニケーションが基本的に苦手。
仕事をしたい気持ちがあるが、求人募集が見つからない。
仕事中の休憩もなく、長時間労働に疲れる。
残業時間が少ない職場へ移りたい。
高年齢だし、どこに行くあてもない。

 

統合失調症の場合は、あまり自分だけで仕事探しをするのではなく、業界に詳しいコンサルタントの力を借りた方がスムーズに仕事が見つかります。

 

ここからは、統合失調症の方のための、専門の求人・転職支援サイトをご紹介します。
成功している方は、とにかく行動が早いです。まずは、無料登録だけでも先に済ませておきましょう!

統合失調症 求人・転職支援サイト 厳選3社

多くの方は、2社程度登録して、比較しています。

アットジーピー

アットジーピー(atGP)の特徴


ポイント
統合失調症の方に人気の転職支援サイト!
・紹介先は大手企業が中心だから嬉しい。
安定した仕事にしっかり就ける。
専任の担当者がつくので安心♪
疑問や不安は相談にのってくれる。
面接の方法もしっかり教えてくれる。
内定成功者が多い。

価格 無料 0円
評価 評価5
備考 統合失調症の方に人気の求人支援サイト

ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場の特徴


ポイント
東京都近郊の転職求人数は圧倒的に多い
・紹介先は30年以上の安定企業が中心
障害者手帳を持っている方に限定
東京都内で面接が受けられる方限定
MOS資格など無料で講座が受けられる
就活講座トレーニングサービスが受けられる
・84,602人が既に内定を獲得!

価格 無料 ゼロ円
評価 評価5
備考 東京にて対面面談できる方 かつ 障がい者手帳を既にお持ちの方限定!
ラルゴ高田馬場の総評

東京近郊にお住まいで面接できるなら、ここはおすすめです。
特に、都内の大手企業の紹介が中心なので、年収も高いです。

一般求人で人気の高倍率の大企業でも、内定しやすいので、このような支援サイトは使っていきましょう。

そのためには、障害者手帳が必須なので、お忘れなく!
また、MOSなどの資格取得講座も本来有料ですが、無料で受講できるのが嬉しいですね。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)の特徴

ポイント
・厚生労働省が設置する行政機関
・職安(しょくあん)、ハローワークと呼ばれる。
・国が就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネット。
・全国に設置されている。
・職業紹介・雇用保険・雇用対策を実施している。

価格 無料 ゼロ円
評価 評価3
備考 厚生労働省管轄
 

統合失調症とは?

統合失調症は、幻覚や妄想を持つ精神疾患です。
大きく2つの障害を併せ持っているのが特徴です。

 

1.生活の障害

 

思考障害

考え方の思考性に一貫性がなくなり、報告・伝達等で脈絡がなくなってしまうことです。何を話しているのか分からなくなってしまう状態になります。

 

自閉

自分の中に閉じこもってしまい、仲間とのコミュニケーションを避けるようになります。

 

2.自分の病気に対する意識障害

 

感情表現

同僚、上司、部下の感情に共感が少なくなり、自分自身の喜怒哀楽が減ってきます。また、周囲で起こっていることに興味がなくなってきます。

 

妄想、幻覚

客観的には、明らかに間違った考えを持っていたとしても、自分は正しいという強い確信を持ってしまう状態になります。確信状態のため、相手から矛盾点を指摘されても、受け入れられなくなります。

統合失調症の方は、障害に対して理解のある企業、自分にマッチした職場をいかに見つけるかが大事です。

 

◆統合失調症の仕事探し

 

統合失調症について理解のある職場を選んで働く場合、どのような仕事を探した方が良いでしょうか?
ここでは、統合失調症に向いている仕事の例をご紹介します。

 

向いている仕事

統合失調症に向いている仕事

  • 機械相手の仕事
  • プログラマ
  • 組み立て
  • システムメンテナンス
  • 配送業
  • マニュアル作り
  • 定型業務
  • 指示待ちでこなせる業務
  • 適度に休憩が入る仕事
  • 残業が極力少ない仕事
  • 在宅勤務
  • 監視業務
  • 講師

 

統合失調症に向いている仕事の傾向は以下です。

1.段取り、手順が決まっている業務
2.自分のペースで仕事ができる業務
3.接客しなくても良い仕事
4.適度な休憩のある仕事

※必ずしも、全ての方が上記に当てはまるとは限りません。あくまで、一般的な傾向としてご参考ください。

 

統合失調症の方が成功する仕事探しとは?

 

統合失調症の転職成功

統合失調症の場合は、ただ単に仕事探しをするのではなく、自分に合った職場環境、企業側の理解度、仕事の続けやすさなども大事な要素です。

 

そのためには、
業界の動向、どのような企業が統合失調症の方を積極採用しているのか、過去の採用実績などを把握しておく必要があります。

 

ただ、これを単独・自分ひとりで求人活動するとなると、長期化する可能性があります。特に、長期化すればするほど、仕事への意欲、気持ちの切り替えが遅くなり、転職・求人活動が辛くなってきます。

 

なので、統合失調症の方向は、思い立ったら、出来る限り早めに専門の求人・転職支援サイトを活用していきましょう。

 

求人・転職支援サイトは、統合失調症の方の代わりに、その企業に条件交渉をしてくれたり、情報を収集してくれます。また、一般に公開されていない、自分にマッチした企業を紹介してくれなど、良い情報を得ることができます。

統合失調症の方は、専門の求人・転職支援サイトの活用が成功への近道!

 

統合失調症の方は求人のチャンス到来!

 

統合失調症は、精神病の分類のため、一般の障がい者に比べ、求人・転職活動を有利に活動することが出来ませんでした。これが、平成30年から変わります。

現在:大手の企業は、精神障害者(統合失調症等)の採用の義務がない。
今後:大手の企業は、精神障害者(統合失調症等)の採用の義務が発生する。

 

以下、厚生労働省で発表された統合失調症をはじめとする精神障がい者の雇用促進に関する概要です。

法定雇用率の算定基礎の対象に、新たに精神障害者を追加 【施行期日 平成30年4月1日】
障害者の雇用に関する状況に鑑み、精神障害者を法定雇用率の算定基礎に加える等の措置を講ずる。
厚生労働省:障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概要
引用元: 厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000121387.pdf

 

統合失調症 国から仕事支援

つまり、これからは、法改正前から、統合失調症の方を採用し、会社としてノウハウの蓄積や環境整備を整える企業が増えてきています。そのような会社に巡り合うことで、病気に対する理解度の高い職場で働くことができるのです。

 

今まで、統合失調症という病気を隠して仕事探しをすべきか?それとも公開すべきか悩んでいた方もいるかもしれません。
ただ、今は、逆に、公開することで、国からの仕事探しに支援を受けることができ、生活面で大きなプラス効果を得ることができます。

 

つまり、国からも支援する方向性が決まり、仕事に関し、優位に活動できるようになったのです。

 

ぜひ、このような機会は、積極的に生かしていきましょう。
ですので、上手に転職活動をするためには、以下の3点を押さえておく必要があります。

 

統合失調症の上手な転職の仕方

1.障害者手帳をもらうこと。
2.統合失調症の場合の転職活動は、専門の求人支援相談サイトを活用すること。
3.非公開でおこなわれる採用募集の早めの情報キャッチをすること。

障害者手帳をもらうことができたら、統合失調症の方が多く利用している求人支援サイトへ登録しましょう。登録すると、コンサルタントから、非公開の採用情報等を教えてもらうことができますよ♪

 

障害者手帳のもらい方

 

障害者手帳を持っているか、持っていないかで、内定率が全く変わってきます。国の支援のある・なしの大きさは、求人活動に大きな影響があるので、是非、取得しておいた方が良いでしょう。

※障害者手帳を取得することで、有利になることはあっても、不利になることはないので、持っていない方は、早めにもらっておきましょう

 

準備するもの
  • 障がい者手帳の交付申請書
  • 精神障害者の診断書
  • 印鑑
  • マイナンバー

 

もらい方

市区町村の障害福祉の担当窓口に提出・相談することになります。

1.障害福祉担当窓口で診断書・意見書の記入用紙をもらう。
2.指定医に診断書・意見書を記入してもらう。
3.市区町村の障害福祉の担当窓口に提出する。
4.審査があり、1〜4ヶ月程度で手帳が発行されます。

統合失調症 求人転職支援サイトの口コミって?

◆統合失調症をオープンにして転職活動することで道が開けた!

以前は統合失調症というと、内定を取り消されることが多いと聞きました。なので、病名を伏せて転職活動をすることがとても苦痛でした。でも、この専門の障害者の転職サイトを使ってからは、転職活動が変わりました。病名を、オープンにすることで、有利な条件で転職活動が出来ることも教えてもらい、大手の企業から内定をもらうことができました。今は、仕事・プライベートともに充実しています!

◆今では以前の職場と比べて、落ち着いて仕事が出来てます!

統合失調症でありながら、接客業を中心とした仕事をしていました。接客業では、臨機応変な対応も求められ、無気力になったり、集中力が切れてしまう状態になることも多々ありました。このままでは、仕事を続けても不安ばかりが残ってしまい、どうにか今の環境を変えたいと思い、この転職支援サイトへ登録しました。登録後、コンサルタントから連絡があり、自分の希望にあった職場探しをして頂きました。働いてみると、以前の職場とは比較にならない程、落ち着いて仕事ができています。これからも、仕事を頑張っていきます♪

 

>>統合失調症の方に人気の求人・転職支援サイトはコチラ!<<