統合失調症の転職活動【病名を非公開するか公開すべきか?】

統合失調症の転職活動【病名を非公開するか公開すべきか?】

統合失調症の転職活動で病名を非公開するか公開すべきか悩みますよね。

 

統合失調症の場合、今までは、就職や転職するにあたり、病名を隠して(クローズ)に求人活動をする方の方が多いのではないでしょうか。

 

というのも、内定を取り消しする企業が多かったのです。

 

一般雇用するにあたって、やはり、統合失調症は、会社としてもリスクと捉える会社があるからです。
特に、コミュニケーションを必要とする接客業や緊急時の臨機応変な対応が求めららる職場の場合、対応できるのか不安材料が残るのです。

 

ただ、最近は、法改正により、変わってきました。
つまり、会社として統合失調症という精神病の方を雇用する義務化の方向になったのです。

 

逆に企業側としては、積極採用することで、会社としてもPR材料になり、社会的な評価もアップします。
なので、これからは、統合失調症の方の採用が増えていくものと思われます。

 

そんな中、注目されいてるのが、統合失調症の方と企業をつなぐ専門の就職・転職支援サイトです。
ここでは、就職するにあたり、技術の向上や面接対策、その人に合った就職先を案内してくれるサービスを提供してくれます。

 

国の指定に沿った案内所のため、基本的には、転職・就職希望する方は無料で受けることができます。
無料でありながら、手厚いサービスを受けることが出来るんです。

 

もちろん、障害者手帳は必要になりますが、特に8割は非公開といわれる企業の募集に対し、積極的にアプローチできるため、就職・転職活動に非常に大きいメリットを受けることができます。

 

ぜひ、障害者手帳をもらえたら、無料で登録しておきましょう!