統合失調症に向いている仕事・向いていない仕事は?

統合失調症に向いている仕事・向いていない仕事は?

統合失調症ってよく聞くけどどんな病気なの?向いている仕事・向いていない仕事は?

 

統合失調症っては、その病状を正確に説明して、と言われたら分からなくなってしまう人は多いですよね。実は統合失調症の症状というのは実に幅広く、患者さん自身も把握しきれていないほどなんですよ。

 

どんな病気なの?

 

統合失調症の症状というのは大きく分けると二つの症状があります。一つは陽性と言われていて妄想や幻覚、混乱などが挙げられます。明らかに間違った考えや、あり得ない状況であっても強く「そうに違いない!」と思い込み突き進んでしまうことが多いんです。多い例だと、誰も悪口など言ってないのに「職場の皆が私の悪口を言ってる!」と思い込んだり、小説や映画を見て「これは私の話だ!」と思い込み作者に訴えに行ってしまったり、ときには警察沙汰になってしまうこともあります。

 

そしてもう一つの症状は陰性と呼ばれていて、無気力、無感動、自閉などです。気力が湧かず事にも興味が持てなくなるので人付き合いなども希薄になりますし、仕事にも身が入らずやる気が失われていきます。その結果、自分の殻に閉じこもるようになるので、仕事に行けず家に引きこもりになることも多いんですよ。

 

陽性は人に迷惑をかけそうですし、職場でも問題行動が多くなりそうですよね。そして陰性も生活が成り立たなくなりそうですし、まともに社会に出れなくなる気がします。こんな症状が長く続くと社会で生きていけないのでは?と不安になっちゃいますよね。しかし、正しい治療によっては症状は治っていきますし、選ぶ職種によっては統合失調症であっても問題なく働き続けることができます。

統合失調症に人気の求人支援サービスランキング

アットジーピー

アットジーピー(atGP)の特徴

ポイント
統合失調症の方に人気の転職支援サイト!
・紹介先は大手企業が中心だから嬉しい。
安定した仕事にしっかり就ける。
専任の担当者がつくので安心♪
疑問や不安は相談にのってくれる。
面接の方法もしっかり教えてくれる。
内定成功者が多い。

価格 無料 0円
評価 評価5
備考 統合失調症の方に人気の求人支援サイト

ラルゴ高田馬場

ラルゴ高田馬場の特徴

ポイント
東京都近郊の転職求人数は圧倒的に多い
・紹介先は30年以上の安定企業が中心
障害者手帳を持っている方に限定
東京都内で面接が受けられる方限定
MOS資格など無料で講座が受けられる
就活講座トレーニングサービスが受けられる
・84,602人が既に内定を獲得!

価格 無料 ゼロ円
評価 評価5
備考 東京にて対面面談できる方 かつ 障がい者手帳を既にお持ちの方限定!
ラルゴ高田馬場の総評

東京近郊にお住まいで面接できるなら、ここはおすすめです。
特に、都内の大手企業の紹介が中心なので、年収も高いです。

一般求人で人気の高倍率の大企業でも、内定しやすいので、このような支援サイトは使っていきましょう。

そのためには、障害者手帳が必須なので、お忘れなく!
また、MOSなどの資格取得講座も本来有料ですが、無料で受講できるのが嬉しいですね。

ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)の特徴

ポイント
・厚生労働省が設置する行政機関
・職安(しょくあん)、ハローワークと呼ばれる。
・国が就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネット。
・全国に設置されている。
・職業紹介・雇用保険・雇用対策を実施している。

価格 無料 ゼロ円
評価 評価3
備考 厚生労働省管轄

統合失調症に有効な治療方法

ここからは統合失調症の症状を緩和する治療方法や、向いている職業・向いていない職業を紹介していきましょう。

 

統合失調症の基本的な治療とされているのがカウンセリングと精神科によるリハビリテーションです。また、脳内で過剰になっている神経伝達物質の働きを調整するための抗精神病薬や睡眠薬、抗不安薬が処方されることもあります。

 

そして統合失調症の治療に一番効果的と言われているのが規則正しい生活です。気象と睡眠、食事の時間を一定に保つことで身体のサイクルを安定させて、ホルモンバランスなどを調整させます。しっかりとした休息をとることも重要なので十分な睡眠時間を確保するのも重要なんですよ。

 

統合失調症に向いている職業・向いていない職業

 

向いている職業

 

統合失調症の症状には妄想や混乱があります。いろいろな情報を一度に処理しなくてはならないような仕事だと混乱を誘発しやすいですし、追い込まれると妄想に陥る危険も上がってしまいます。なので、ある程度手順の決まった仕事が良いでしょう。工場作業やパソコン作業などが向いていると言われています。

 

また、統合失調症の治療としては規則正しい生活を送ることが重要なので、朝始まって決まった時間に終わるような仕事が理想的です。そして統合失調症の患者に共通して疲れやすいという特徴があります。なので、重労働などは避けた方が良いでしょう。精神科病院から退院したばかりという方は短い時間の仕事から始めるのがおすすめですね。

 

そして無気力状態を持続しないためにも楽しみながら仕事をするというのが重要になってきます。自分の興味のある分野や、好きなものに囲まれている職場などは精神を落ち着けるのにもいいでしょう。

 

向いていない職業

 

労働時間が長かったり、大きな疲労を強いる肉体労働などは向いていない職業といえるでしょう。また、統合失調症の症状として認知機能障害というものがあり、お金の管理などが難しくなるというのがあります。なので、細かい計算などを必要とする経理などの仕事は難しいかもしれませんね。

 

障害手帳を取得した方が就職に有利なの?

 

統合失調症などの精神障害であっても、身体障害や知的障害のように障害手帳を取得することは可能です。しかし「障害手帳を取得するってことは周りにカミングアウトするってことだよね?就職に不利にならないかな?」と不安になり取得を迷っている方も多いことでしょう。障害手帳を取得することのメリットとデメリットを紹介していきましょう。

 

一番大きなメリットは就職・転職しやすくなるという点でしょう。民間の企業というのは定められた数の障害者を雇用する義務というものがあります。なので一般ではなく、障碍者用の特別枠というものがあり、障害者手帳があれば一般募集よりも有利に就職できる可能性が高いんです。(法改正により、統合失調症も障害者枠にはいりました。)

 

また、障害者手帳を取得すれば税金が安くなりますし、交通機関や映画館などの娯楽機関も割引きになります。障害年金を受け取れる可能性もあるので生活が楽になるというメリットがあるのでしょう。

 

しかし、障害者雇用というのは民間企業の義務なので個人営業の店などでは精神疾患者という理由で断られてしまう可能性も高いでしょう。また、これは障害雇用に限ったことではありませんが、無事に就職できたとしても希望の部署に配置されるとは限りません。しかし、人の目が気になるからといって精神障害を隠して仕事をするというのも危険が多く、リスクが高いことです。問題が起きてからでは遅いのできちんと申請するようにしましょう。

 

※障害者手帳は持っていて損はありません。医師に伝えて、障害者手帳取得の準備をしましょう!

 

就職・転職のサポートしてくれるサイト!

 

精神障害などを発症してしまうと、就職や転職も難しくなってきますよね。ハローワークや就職案内所に行ってもきちんと病状を理解してくれるのか不安に思う方も多いでしょう。そんな方の助けになってくれるのが障碍者のための民間の就職・転職サポート会社なんです。
ネット上で無料登録するだけで、その人に合った就職先や、向いている職場を紹介してくれるんですよ。障碍者の症状に詳しい専門のスタッフが親身に相談にのってくれるので、よりよい環境を紹介してくれます。

 

通常、1人で就職活動をした場合の内定率は、3%と言われています。これが、就職・転職支援サイトを利用すると、70%を超えます。それだけ、企業と太いパイプを持っているんです。

 

また、就職後のフォローや再就職のサポートもしっかりしてくれるので、安心です。ぜひ相談してみたいという方はお気軽に無料登録してみましょうね。

 

>>統合失調症の方に人気の就職・転職支援サイトはコチラ!